• ビーチバレー試合を劉備のための戦いだと考えると、猛烈な日差しまでも勝ち気な張飛を止められない!次から次へとのスパイクは相手の防衛ラインに攻めって行く。
    逞しく、ブロックに得意な張遼は、まるで砂浜に舞う海鳥のように大活躍し、ネットの下で絶対防衛ゾーンを確保した。
    真夏の砂浜で、少女たちが激しいバレー試合を繰り広げる。涼しい水着姿でも、汗びっしょり。おでこの汗をふきながら、トウ艾が真剣な眼差しで相手を見つめている。
    ビーチバレー試合を劉備のための戦いだと考えると、猛烈な日差しまでも勝ち気な張飛を止められない!次から次へとのスパイクは相手の防衛ラインに攻めって行く。
    逞しく、ブロックに得意な張遼は、まるで砂浜に舞う海鳥のように大活躍し、ネットの下で絶対防衛ゾーンを確保した。
    真夏の砂浜で、少女たちが激しいバレー試合を繰り広げる。涼しい水着姿でも、汗びっしょり。おでこの汗をふきながら、トウ艾が真剣な眼差しで相手を見つめている。
  • 桜満開頃、メロディアスな音楽のような風に吹かれ、花びらと共に躍るホウ統。小柄で目立つ彼女は、時にはオレンジ色に燃える炎のようで、時には空に飛ぶ鳳凰のよう。
    エリート教育を受けていた鍾会は、勇猛だけでなく、歌が上手で踊りもうまい。深窓である彼女の姿を拝見できるのはご主人様の特権だ。
    早咲き桜が霞のように野山を覆う頃、司馬師はようやく悩みと負担から解放され、春風と花雨に酔いしれた。彼女が舞う姿は、自由でのびのびしているように見えるが、彼女の眉間には、常に哀愁の色が見える。
    桜爛漫の季節、ほろ酔い状態の曹植は桜雨の中、舞い上がる。彼女を遠くから見ると雲に隠れている月のように、近くで見ると青波の中にいるハスの花のように見える。目を合わせると、彼女の青い瞳に溺れてしまう。
    桜満開頃、メロディアスな音楽のような風に吹かれ、花びらと共に躍るホウ統。小柄で目立つ彼女は、時にはオレンジ色に燃える炎のようで、時には空に飛ぶ鳳凰のよう。
    エリート教育を受けていた鍾会は、勇猛だけでなく、歌が上手で踊りもうまい。深窓である彼女の姿を拝見できるのはご主人様の特権だ。
    早咲き桜が霞のように野山を覆う頃、司馬師はようやく悩みと負担から解放され、春風と花雨に酔いしれた。彼女が舞う姿は、自由でのびのびしているように見えるが、彼女の眉間には、常に哀愁の色が見える。
    桜爛漫の季節、ほろ酔い状態の曹植は桜雨の中、舞い上がる。彼女を遠くから見ると雲に隠れている月のように、近くで見ると青波の中にいるハスの花のように見える。目を合わせると、彼女の青い瞳に溺れてしまう。
  • 人たちはたまにお茶会をやって、誕生日や祝日を祝うが、誕生日は一年一回しかなく、祝日も少ない。だから、皆さんを毎日楽しませるため、孫策は非祝日お茶会をやり始めた。毎日を楽しい日に!
    無口な少女。日頃の存在感が非常に薄い。ある日、不思議なことが起こりました。美しいバラの飾りの付いたサンダルが目の前に...
    もし、魔法のランプを手に入れたら、何を望む?夏侯淵の答えに…少し驚いた。
    目が覚めたら、周囲の全てが巨大化し、自分が花の真ん中で眠っていた。夢かどうか分からないけど、優しい練師は相変わらず余裕なまま、今までと違う景色を眺め始めた。
    孫尚香には秘密がある。男気溢れている外見と裏腹に、心の中には兎ちゃんが住んでいる。乙女チックなものを見ると、トキメキが止まらなくなる。
    人たちはたまにお茶会をやって、誕生日や祝日を祝うが、誕生日は一年一回しかなく、祝日も少ない。だから、皆さんを毎日楽しませるため、孫策は非祝日お茶会をやり始めた。毎日を楽しい日に!
    無口な少女。日頃の存在感が非常に薄い。ある日、不思議なことが起こりました。美しいバラの飾りの付いたサンダルが目の前に...
    もし、魔法のランプを手に入れたら、何を望む?夏侯淵の答えに…少し驚いた。
    目が覚めたら、周囲の全てが巨大化し、自分が花の真ん中で眠っていた。夢かどうか分からないけど、優しい練師は相変わらず余裕なまま、今までと違う景色を眺め始めた。
    孫尚香には秘密がある。男気溢れている外見と裏腹に、心の中には兎ちゃんが住んでいる。乙女チックなものを見ると、トキメキが止まらなくなる。
  • 体力バカの曹仁と一緒に遊園地に行くって、果たしてどうなるでしょう?ジェットコースターをはじめ、観覧車、メリーゴーラウンド…どれも捨てがたいので、困っちゃうよね〜へとへとだけど、曹仁の笑顔を見ると、心が満たされて、全部許してしまう。
    ジェットコースターなどアトラクションと比べて、馬超はクレーンゲームの方が好きです。上達じゃなくて、ほとんど掴めないけど、小さなぬいぐるみでも、馬超はすごく嬉しそうな笑顔を生み出せる。
    路地に花が綺麗に咲いて、陽射しが差し込む。ほんの少し甘い匂いのする風が心地よい。せっかく遊園地に来たというのに、徐晃が心配してならない。リラックスしてね〜デートなんだから!
    遊園地でデートしている二人が、まるで周り賑やかな雰囲気を気付かないのようで。普段は謙遜で穏やかな楽進は、ご主人様と一緒にデートしている…と考えてしまうと、慌てて不思議な行動、彼女は小さな手を伸ばして、心をドキドキさせるご主人様の服の裾を掴んで引っ張っている。
    体力バカの曹仁と一緒に遊園地に行くって、果たしてどうなるでしょう?ジェットコースターをはじめ、観覧車、メリーゴーラウンド…どれも捨てがたいので、困っちゃうよね〜へとへとだけど、曹仁の笑顔を見ると、心が満たされて、全部許してしまう。
    ジェットコースターなどアトラクションと比べて、馬超はクレーンゲームの方が好きです。上達じゃなくて、ほとんど掴めないけど、小さなぬいぐるみでも、馬超はすごく嬉しそうな笑顔を生み出せる。
    路地に花が綺麗に咲いて、陽射しが差し込む。ほんの少し甘い匂いのする風が心地よい。せっかく遊園地に来たというのに、徐晃が心配してならない。リラックスしてね〜デートなんだから!
    遊園地でデートしている二人が、まるで周り賑やかな雰囲気を気付かないのようで。普段は謙遜で穏やかな楽進は、ご主人様と一緒にデートしている…と考えてしまうと、慌てて不思議な行動、彼女は小さな手を伸ばして、心をドキドキさせるご主人様の服の裾を掴んで引っ張っている。
  • 夏は公孫サンが一番好きな季節。暑いから、好き放題冷たいものを食べられる。浮き輪に乗り、爽やかな潮風に吹かれ、海水に触れながら夏の飲み物を満喫する。公孫サンは全ての悩みから解放した。
    ビーチや白い波しぶきよりもっと興味をそそるものは何?ダイビングが得意な袁術がその答えを教えてあげる。それは海の底に隠れている風景。孤高の袁術にとっては素敵な風景だ。
    真夏の季節、夏侯覇は友達と一緒に浜辺に遊びに来た。潮風が彼女の前髪を吹き抜けていく。真夏でも長袖の服を着るのは、夏侯覇独特の暑さしのぎの秘訣かもしれない。
    夏は公孫サンが一番好きな季節。暑いから、好き放題冷たいものを食べられる。浮き輪に乗り、爽やかな潮風に吹かれ、海水に触れながら夏の飲み物を満喫する。公孫サンは全ての悩みから解放した。
    ビーチや白い波しぶきよりもっと興味をそそるものは何?ダイビングが得意な袁術がその答えを教えてあげる。それは海の底に隠れている風景。孤高の袁術にとっては素敵な風景だ。
    真夏の季節、夏侯覇は友達と一緒に浜辺に遊びに来た。潮風が彼女の前髪を吹き抜けていく。真夏でも長袖の服を着るのは、夏侯覇独特の暑さしのぎの秘訣かもしれない。
  • 寝相から見ると、荀彧は決して大人しい子じゃない。ついつい移動したり、布団を蹴ってしまう。起きると布団がいつの間にかなくなって、枕も頭から外れてることが多い。本人も結構困ってて、改善出来るに向いて頑張っているらしい。
    とても頼もしい韓当、実は闇が怖くて、1人で眠れないタイプです。寝るときはピンクバニーをギューと抱かなければならない。
    羊を数えながらお腹空いてきた許チョはこっそりと典韋の部屋に入り込んだ。眠り浅い典韋が音により起こしちゃって、事情を聞いた典韋は笑っていいんだか、怒っていいんだか、やむをえず許チョを寝かしつけを始めた。
    陸遜が悪夢から目覚め、枕を抱きしめながら周囲を見回すと、優しい子守唄の声が聞こえて来た。きっと誰かが眠れない誰かのために歌っているのだろう。「頑張って、みんなに安心感を与える人になりたい」と思いを抱きながら、陸遜は再び目を閉じた。
    寝相から見ると、荀彧は決して大人しい子じゃない。ついつい移動したり、布団を蹴ってしまう。起きると布団がいつの間にかなくなって、枕も頭から外れてることが多い。本人も結構困ってて、改善出来るに向いて頑張っているらしい。
    とても頼もしい韓当、実は闇が怖くて、1人で眠れないタイプです。寝るときはピンクバニーをギューと抱かなければならない。
    羊を数えながらお腹空いてきた許チョはこっそりと典韋の部屋に入り込んだ。眠り浅い典韋が音により起こしちゃって、事情を聞いた典韋は笑っていいんだか、怒っていいんだか、やむをえず許チョを寝かしつけを始めた。
    陸遜が悪夢から目覚め、枕を抱きしめながら周囲を見回すと、優しい子守唄の声が聞こえて来た。きっと誰かが眠れない誰かのために歌っているのだろう。「頑張って、みんなに安心感を与える人になりたい」と思いを抱きながら、陸遜は再び目を閉じた。
  • 夜の帳が下り、夏夜の祭りが始まった。屋台に興味津々だった曹操は楽しんでいるようだ。こんな時のみ、武力で天下を取るつもりだったこの覇者は、心の負担を忘れて、暫く安らぎを感じる。
    祭りの時でも、姜維は相変わらず真面目だった。訳分からないけど、次から次へと同行の人たちは自分のものを姜維に頼んだ。いつの間にか、手に沢山の食べ物を抱えているようになった姜維が、食べ物の中に隠れたシールに気付いた。「たまにはリラックスして、祭りを楽しんでね〜」と。
    夜の帳が下り、夏夜の祭りが始まった。屋台に興味津々だった曹操は楽しんでいるようだ。こんな時のみ、武力で天下を取るつもりだったこの覇者は、心の負担を忘れて、暫く安らぎを感じる。
    祭りの時でも、姜維は相変わらず真面目だった。訳分からないけど、次から次へと同行の人たちは自分のものを姜維に頼んだ。いつの間にか、手に沢山の食べ物を抱えているようになった姜維が、食べ物の中に隠れたシールに気付いた。「たまにはリラックスして、祭りを楽しんでね〜」と。

混沌の夢から誕生し、平和と安寧の中に成長し、
そして、戦乱と紛争に消えてゆく。
これは、古くから伝われてきた予言である。世間に知られる歴史は、焼き畑農業からようやく後漢末期にたどり着いた。

しかし、君主は道を背き、人々は戦乱の中で苦しむ。
黄巾の乱が発起し、各地で反乱が繰り返され、
戦争の炎は大陸の隅から、全世界に蔓延してきた。

群雄割拠、そして天下分裂。王権と霸道をめぐり、紛争が長く続く。一人また一人の少女戦士は、紛争に巻き込まれ、戦闘を続けている。

この時代は後世の人々に「三国乱世」と呼ばれる。
世界はまるである規定の軌跡に沿って、滅びていく。

だが、ある救世主は現れた。彼女の到来は、
この世界に新たな希望をもたらしたという。

彼女のことが、少女戦士の胸に刻まれ、新しい物語が始まった。